サプリで発達障害を改善しよう|好き嫌いがあっても安心

ストレスからくる体の症状

困る女の人

体調不良の原因はもしかするとストレスが原因かもしれません。ストレスというのは自分では何とも思っていなくても体に悪影響を及ぼすほどストレスを溜め込んでしまっていることがあるのです。ストレスというのは、仕事や学校・プライベートだけが原因ではなく生活習慣の乱れや睡眠不足などの身体的な不満も原因となり体に様々な症状を引き起こします。ストレスが原因で引き起こされる症状は大きく3つのタイプに分類されます。まず一つ目が「身体」に現れる症状です。体のだるさやめまいなどの体の不調のほかに、蕁麻疹や生理不順などの心労からくる心身症という病気が挙げられます。二つ目は「行動」に現れる症状です。ストレスは登校拒否や暴飲暴食といった行動を引き起こす原因となります。この場合は周りに迷惑をかけることもあるので、気を付ける必要があります。三つ目は「精神」に現れる症状です。イライラしたり外出するのが億劫になったりといった症状が現れます。このようなストレスによる症状は様々な方法で治療が行われます。一つは薬物治療です。精神安定剤や抗鬱剤などの薬を症状に合わせて処方する方法です。もう一つは心理療法といって、医師とのカウンセリングなどで症状を改善していく治療法です。最近の精神科や心療内科での治療は効果的な方法も増えているので、体の不調を感じたら早めの治療をおすすめします。自分は大丈夫だと思っている人もストレスの自覚がない場合があります。実は無自覚なストレスというのが一番危険です。ストレスによってどのような症状が体に現れるのか知っておくことが大切なのです。